1. トップ
  2. 安全への取組み
  3. 令和4年度 輸送の安全に関する公表

令和4年度 輸送の安全に関する公表

safe

株式会社セントラルサービスは、令和4年度の運輸安全マネジメントに関しましては、次のとおり「安全の輸送に関する取り組み」を行っております。

輸送の安全に関する基本方針

当社の事業は、「一般貸切旅客自動車運送事業」と「自家用自動車管理業」の業務管理であるこ とから「セントラルサービス 経営理念」及び「安全管理規程」を基に輸送の安全に関する以下の 基本方針を唱え,経営トップから現塲従業員に至るまでの全社員が、一丸となって意識を高めて積 極的に取り組んで参ります。

  1. 輸送の「安全確保•強化•継続」を最優先とする関係法令や規則を遵守し、常に社会 的使命と責任には妥協せずに運営をし、地域社会に貢献する企業を目指します。
  2. 永久スローガン「わたしは今日一日安全のプロに徹します!」の唱和のほか、月例 スローガンも掲げて、ひとりひとりの従業員が安全行動規範の徹底に取り組み且つ安 全意識の向上を遂行します。
  3. 事故の再発防止と未然防止の為にも「教育•訓練•研修等」を実施して、輸送の安全 に関する継続的改善と安全の品質向上を図るための努力をしていきます。
  4. 社員の健康管理の推奨をはじめ、職場環境の改善及び配慮ある設備投資を推進して、 社員自らが生産性をあげる事に協力を惜しまず、職務遂行の自信に繋げていきます。
  5. 運輸安全マネジメントを継続して、輸送の安全に関係する情報を公表します。

安全重点施策

1.関係法令遵守と社内規程等の浸透性を常に確認する。
  「セントラルサービス 経営理念」と「輸送の安全に関する基本方針」の実現に向け、 安全に関する内部監査や会議等を経て、輸送安全マネジメント
   に沿った各種規定等(安 全管理規定•運行管理規定•乗務員服務規程)の見直しや安全配慮への継続的な改善 策を図ります。

2.安全輸送に関する年間事業計画を策定する。
  国土交通省及び日本バス協会等からの情報収集を広く活用して、従業員の安全意識 の向上に努めて、安全輸送の統一化が出来る様に適材適所な指導教
  育要員を招集•配置し、関連する組織一体となって事業計画を推進していきます。

3.安全輸送の意識向上に関する指導•教育を適時適用に実施する。
  従業員の常時確保とし、運転技術及び接遇の品質向上のため「教育•訓練•研修」の 内容を充実させる。初任者研修•事故惹起者の事故防止研修、既存
  社員の定期的な運転 実技確認等、顧客満足度の向上につなげるための社員満足度向上を目指します。又、従 業員の健康管理の対策も定期的に指導•育
  成を実施していきます。

4.安全性の向上に関する設備投資を視える化する。
  車両代替え計画及び保有台数の安定確保、運行管理システム等を導入した業務•経営 の集中管理、その他車載設備を充実させ、数値化された情報から
  「管理•評価•目標設 定」に変換•分析し、データの実践活用をし、公表していきます。

輸送の安全に関する目標及び該当目標の達成状況

1. 事故削減目標

  • 令和4年度の重大事故発生は「 0件」でした。
  • 令和4年度の有責(加害)事故年間発生は「 24 」件でした。
  • 令和5年度の重大事故発生件数「 0件」を目標とする。
  • 令和5年度の有責(加害)事故年間発生は前年対比 50%削減を目標とする。
  • 自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計(下表)


年度別内訳 重大事故 その他有責事故(R4年 3月末現在)
目標 実績 目標 実績 人身 物損
令和元年度 0件 0件 0件 48件 1件 48件
令和2年度 0件 0件 0件 44件 1件 44件
令和3年度 0件 0件 0件 15件 0件 15件
令和4年度 0件 0件 0件 24件 1件 24件

※重大事故は自動車事故報告規則第2条に規定する事故をいう。
※その他有責事故は、軽微な事故を含む加害事故に限る。

事故に起因する違反削減目標(令和4年度)

  • 規定超え酒気帯び勤務  0件
  • 免許証の不携帯勤務   0件
  • 整備不良車による稼働  0件
  • 令和3年度の行政処分はありませんでした。

輸送の安全に係る情報の伝達体制及びその他の組織体制


運輸安全マネジメント(安全・衛生・環境)の組織体制及び指揮命令系統図

運輸安全マネジメント(安全・衛生・環境)の組織体制及び指揮命令系統図

事故・災害等緊急時に関する対策措置及び報告・連絡体制図

事故・災害等緊急時に関する対策措置及び報告・連絡体制図


輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置


  • 内部監査規定に準じ、輸送の安全のための法令遵守状況等を把握・確認し、その他に労務管理・労働環境の改善等も含めた監査を年1回以上、各営業所を対象に実施する。
  • 「貸切バス事業者安全性評価認定制度(セーフティバス)」の認定を申請中
  • 「ドライブレコーダー」並びに「デジタルタコグラフ」及び「IP無線機」の全車両搭載

輸送の安全に関する教育及び研修の計画

  • 運転士の安全運転指導教育(新入社員初任診断、高齢者適齢診断、事故惹起者特別診断)
  • ドライブレコーダーを使った、定例・適時の運転技術研修・ヒヤリハット教育等の実施
  • 運転記録証明書を全社員対象に取り寄せ、指導教育に活用し安全意識の向上を図る。
  • 経営(トップ・役員)自らが輸送の安全に関するセミナー・研修会に参加し、管理者の教育(運行管理者講習、整備管理者講習、外部機関による実務研修など)と合わせて意識向上に役立てている。
  • 救命措置実習(AED含む)、タイヤチェーン講習、消火器取り扱い研修ほかの実施
  • 年間実施計画に基づき各事業所にて実践及び役員が各事業所への巡回にて確認・指導する

株式会社セントラルサービス

代表取締役社長     東   孝一


バスの運行・運転のことならお任せください

スクールバスを探している

役員車の送迎をお願いしたい

旅行・観光バスを貸し切りたい

車両の運転士のみ探している

運行ルートや時刻表もお任せしたい

車両のメンテナンスを管理委託したい

お問い合わせする

お電話はこちら

平日 9:00~17:00 土日祝休み

052-931-3677